ひいらぎについて



ひいらぎは「人生の節目に出会う装飾小物のお店」です。

ブランド名の「ひいらぎ」は植物のヒイラギに由来します。

節分の時期、ヒイラギの小枝にイワシの頭を刺して軒先に魔除けとして吊るすことで、

刺と臭みで邪気を祓う「柊鰯(ひいらぎいわし)」という風習があります。

この風習は、古代インドや中世ヨーロッパの人々が石を魔除けとして身につけたことにもとても似ています。

ひいらぎのものを身につけることで守られている気持ちになってもらえたら嬉しいです。

お念珠も小間物も作りは全て日本で、日本人の職人さんに頼むことを大事にしています。

手を動かす方の元へ行き、直接顔をつきあわせてデザイン調整を繰り返すことで、

一番いいと思える品質へ辿り着けると信じています。

さかのぼることのできる限界の行程*からなるべく日本でやっています。

簡単な作業で他国でやった方が安いものであったとしても、

それがいつか日本でできなくなってしまうことを恐いと思っているので、

なるべく踏み留まろうと意識して製品を作るようにしています。

また、これまでの国内外での生産経験を経て、

ひいらぎの求めたものは日本にあると徐々に分かるようになり、

その答えを今も日々職人さん達からいただいています。

世界中を巡って届く石の粒、混じり気なく精錬された糸。

量産されるものとは違う、手仕事の立体感ときらめき。

長く愛着の持てる物のために、行程も手間を惜しまず作っています。

ひいらぎ  市原 ゆき

*石の採掘や第一段階の研磨など国内で行えない部分は海外に依拠しています。

会社概要はこちら

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

【店舗のお知らせ】イベントなどで臨時休業をいただくことがあります。
ツイッターか、お問い合わせでご確認ください。

  • 2017/11/01 11/1−11/14中川政七商店(銀座SIX・仙台SPAL)にてひいらぎのお念珠オーダー会を開催しております。
  • 2017/10/07 芸工展コア期間が始まりました。ひいらぎの”大野舞 原画展”は22日までです。
  • 2017/10/01 ”つながりの念珠”のオンラインおよび千駄木での発売を開始いたしました。

ひいらぎについて



ひいらぎは「人生の節目に出会う装飾小物のお店」です。

ブランド名の「ひいらぎ」は植物のヒイラギに由来します。

節分の時期、ヒイラギの小枝にイワシの頭を刺して軒先に魔除けとして吊るすことで、

刺と臭みで邪気を祓う「柊鰯(ひいらぎいわし)」という風習があります。

この風習は、古代インドや中世ヨーロッパの人々が石を魔除けとして身につけたことにもとても似ています。

ひいらぎのものを身につけることで守られている気持ちになってもらえたら嬉しいです。

お念珠も小間物も作りは全て日本で、日本人の職人さんに頼むことを大事にしています。

手を動かす方の元へ行き、直接顔をつきあわせてデザイン調整を繰り返すことで、

一番いいと思える品質へ辿り着けると信じています。

さかのぼることのできる限界の行程*からなるべく日本でやっています。

簡単な作業で他国でやった方が安いものであったとしても、

それがいつか日本でできなくなってしまうことを恐いと思っているので、

なるべく踏み留まろうと意識して製品を作るようにしています。

また、これまでの国内外での生産経験を経て、

ひいらぎの求めたものは日本にあると徐々に分かるようになり、

その答えを今も日々職人さん達からいただいています。

世界中を巡って届く石の粒、混じり気なく精錬された糸。

量産されるものとは違う、手仕事の立体感ときらめき。

長く愛着の持てる物のために、行程も手間を惜しまず作っています。

ひいらぎ  市原 ゆき

*石の採掘や第一段階の研磨など国内で行えない部分は海外に依拠しています。

会社概要はこちら