4月 ダイヤモンド

ss-dia-b

ダイヤモンド
和名:「金剛石」
宝石言葉:「純潔」「無垢」「不屈の精神」

4月の誕生石であるダイヤモンドは、
ギリシャ語で征服できないことを意味する”adamas”に由来し、
地球上の石の中で最も硬く最も美しい石として宝石の頂点に君臨しています。

中世、ダイヤモンドはゴールド台のリングにして
左手に填めると夜の幽霊を追い払うとされました。

日本では、
宮沢賢治の作品『十力の金剛石(別名:虹の絵具皿)』で
降り注ぐ宝石の一つとして登場します。
私がこの作品を知ったのはもうずいぶん昔のことですが、
ことあるごとに思い出します。
作品としては評価の高いものではないようですが
宮沢賢治らしい言葉の世界だと思います。
(ここで読めます)

非常に強い力を持つ石なので、
ありとあらゆる物事に効果をもたらすといわれますが、
プラスの作用をするときもあれば、
試練を増強させてしまうこともあります。
しかし試練を乗り越える力も同時に与える石なので、
持ち続けることで自らの成長に力を添えてくれるでしょう。
体内の痛みを鎮静する効果や腎臓にいいともいわれています。

また、ダイヤモンドは他の石とは異なり、
4C(cut/color/clarity/carat)という基準で明確にクオリティが定められ、
市場で安定的な価値を維持しています。

ss-dia
cf. ローズカットダイヤモンド
ダイヤの中でもローズカットは最近人気のあるカットです。

ローズカットはカット面が三角形を形作る、
17世紀によく用いられたカット方法です。
そのためアンティーク調の雰囲気に仕上げたいものは
ダイヤ以外の石でもローズカットにするものが増えています。
ローズカットは同じカラット数の石でも、
ブリリアントカットよりも薄く平たい石もカットできるので、
面が大きく見える特徴があります。
通常ローズカットは4Cにおける
カット基準が異なるためグレード付けは行われていませんが、
長年ローズカットを扱っているインドの業者による
4C基準相当のグレード付けをしたものもあります。

ローズカットは最近日本でも人気ですが、
市場に出回る数は依然として少ないのが現状です。
コンディションのよいものはひいらぎでもインド人を介したり
業者さんに頼んで香港から持ってきてもらったりということが多いです。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

【店舗のお知らせ】イベントなどで臨時休業をいただくことがあります。
ツイッターか、お問い合わせでご確認ください。

  • 2017/08/26 儀式のための念珠 ” つながりの念珠 ” を発売いたしました。
  • 2017/08/03 8/23−25は展示会のため千駄木店はお休みさせていただきます。
  • 2017/07/26 7/26−8/8「ひいらぎのお念珠 夏のオーダー会@東京&京都」
          於:中川政七商店 詳しくはこちら

4月 ダイヤモンド

ss-dia-b


ダイヤモンド
和名:「金剛石」
宝石言葉:「純潔」「無垢」「不屈の精神」

4月の誕生石であるダイヤモンドは、
ギリシャ語で征服できないことを意味する”adamas”に由来し、
地球上の石の中で最も硬く最も美しい石として宝石の頂点に君臨しています。

中世、ダイヤモンドはゴールド台のリングにして
左手に填めると夜の幽霊を追い払うとされました。

日本では、
宮沢賢治の作品『十力の金剛石(別名:虹の絵具皿)』で
降り注ぐ宝石の一つとして登場します。
私がこの作品を知ったのはもうずいぶん昔のことですが、
ことあるごとに思い出します。
作品としては評価の高いものではないようですが
宮沢賢治らしい言葉の世界だと思います。
(ここで読めます)

非常に強い力を持つ石なので、
ありとあらゆる物事に効果をもたらすといわれますが、
プラスの作用をするときもあれば、
試練を増強させてしまうこともあります。
しかし試練を乗り越える力も同時に与える石なので、
持ち続けることで自らの成長に力を添えてくれるでしょう。
体内の痛みを鎮静する効果や腎臓にいいともいわれています。

また、ダイヤモンドは他の石とは異なり、
4C(cut/color/clarity/carat)という基準で明確にクオリティが定められ、
市場で安定的な価値を維持しています。


cf. ローズカットダイヤモンド
ダイヤの中でもローズカットは最近人気のあるカットです。

ローズカットはカット面が三角形を形作る、
17世紀によく用いられたカット方法です。
そのためアンティーク調の雰囲気に仕上げたいものは
ダイヤ以外の石でもローズカットにするものが増えています。
ローズカットは同じカラット数の石でも、
ブリリアントカットよりも薄く平たい石もカットできるので、
面が大きく見える特徴があります。
通常ローズカットは4Cにおける
カット基準が異なるためグレード付けは行われていませんが、
長年ローズカットを扱っているインドの業者による
4C基準相当のグレード付けをしたものもあります。

ローズカットは最近日本でも人気ですが、
市場に出回る数は依然として少ないのが現状です。
コンディションのよいものはひいらぎでもインド人を介したり
業者さんに頼んで香港から持ってきてもらったりということが多いです。