人材募集

FullSizeRender-2


ここでは既に少しご案内しておりますが、
ひいらぎは2016年1月下旬、千駄木に小さな店を開きます。

伴いまして、
店舗を中心に一緒にひいらぎを作ってくださる方を募集します。

以下、ひいらぎってどういうブランド?というところからの
改めての自己紹介と募集したい方のイメージです。


<ブランドコンセプト>
ひいらぎは、「人生の節目に出会う装飾小物の店」として、
念珠をはじめとした様々なアイテムを
「これまでとは少しちがう角度で見直し」提案していくブランドです。
手仕事の持つ立体感やきらめきを消さないよう、
それでいて手の届かない高級品になりすぎない
「程よい上質感」を心がけています。


<経緯>
2013年法人化とともに発売した「ひいらぎのお念珠」により、
初年度からH.Pフランス、中川政七商店、千總、ハイアットリージェンシー、
集英社様などとの取引が決まり、現在では出版社との別注品や大手百貨店での
オーダーイベントなども展開しております。
突然引き合いが増えたため、事業拡大の移転・人材確保に手が回らず、
ここまでほとんどの業務を私とアルバイト1名でこなしてまいりましたが、
2016年1月に千駄木に店舗兼事務所を出店するため、
一緒にブランドづくりをしてくれる方とじっくりと事業を広げていきたいと思っています。

rgbIMG_0013-1

<ブランド設立の経緯と目指す姿勢>
ひいらぎのお念珠は、私の個人的な経験・ニーズから生まれた商品です。

個人のオーダージュエリーのデザインをしていた時期、
リカットの名人のところで知ったのが、お念珠(一定以上の品質のもの)と
宝石の石は国内の同じ工場で研磨されるということ。
確かに宝飾の卸問屋には宝石の横に念珠も置いてありましたが、
そこに並ぶ商品の酷いことといったらそれは無残でした。

「宝石と同じ工場で研磨」というフレーズだけがなんとなく頭に残りつつ、
また別の時に業者さんと念珠の話になった時、目ぼしいものがないとこぼしていたら
「じゃあ、つくればいいじゃない?」と言われたことから
「ひいらぎのお念珠」がスタートしました。
(最初からすんなり仕様が決まるわけではなく、世界中の結び目や糸組みを調べ、
それを職人さんに試してもらうということの繰り返しで、半年かかってようやく
最終の仕様にたどり着きました。)

今では念珠だけでなく、少しずつ広がりを見せてきています。
秋には活版印刷を使用した朱印帖や、山梨の和紙ブランドSIWAさんとのコラボで
作った耐久性に優れた軽い朱印帖袋なども発売しております。

工芸技術や職人さんと部材を作るときもあれば、
レーザー・3Dプリンターや最先端の転写技術などを用いて
新商品の開発をすることもあります。
未知の手法だから、経験がないからと及び腰になるのではなく、
本当に世の中に求められるものを生み出していくブランドであろうと思っています。
img_0440-gkumi01


【募集要項】
開始時期:2016年1月中旬〜
勤務時間:9:30−17:30(火木土、水金土など週3〜)
     *店舗営業時間は火〜土の10:00−17:00
勤務地:千駄木駅徒歩1分

業務内容
・千駄木店舗の運営
・季節のディスプレイ提案や新商品提案
・都内百貨店でのイベント
・その他運営に関わる色々

必須
・ひいらぎのテイストが好き
・ある程度の器用さと丁寧さ
・軽くword・Excelが使える
・web関連の業務に苦手意識がない

歓迎
・手を動かすのが好き
・上質な和のものが好き
・アパレルブランドや百貨店での販売接客経験
・将来ブランドや事業を立ち上げたい
・Illustratorが使える(mac環境)
・wordpressが使える
・土(稀に日)入れる方は週一でも可

FullSizeRender(3)

興味のある方はinfo@hiiragi-tokyo.com 市原までご連絡ください。
詳しい条件等のご案内いたします。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

【店舗のお知らせ】イベントなどで臨時休業をいただくことがあります。
ツイッターか、お問い合わせでご確認ください。

  • 2017/08/26 儀式のための念珠 ” つながりの念珠 ” を発売いたしました。
  • 2017/08/03 8/23−25は展示会のため千駄木店はお休みさせていただきます。
  • 2017/07/26 7/26−8/8「ひいらぎのお念珠 夏のオーダー会@東京&京都」
          於:中川政七商店 詳しくはこちら

人材募集

FullSizeRender-2


ここでは既に少しご案内しておりますが、
ひいらぎは2016年1月下旬、千駄木に小さな店を開きます。

伴いまして、
店舗を中心に一緒にひいらぎを作ってくださる方を募集します。

以下、ひいらぎってどういうブランド?というところからの
改めての自己紹介と募集したい方のイメージです。


<ブランドコンセプト>
ひいらぎは、「人生の節目に出会う装飾小物の店」として、
念珠をはじめとした様々なアイテムを
「これまでとは少しちがう角度で見直し」提案していくブランドです。
手仕事の持つ立体感やきらめきを消さないよう、
それでいて手の届かない高級品になりすぎない
「程よい上質感」を心がけています。


<経緯>
2013年法人化とともに発売した「ひいらぎのお念珠」により、
初年度からH.Pフランス、中川政七商店、千總、ハイアットリージェンシー、
集英社様などとの取引が決まり、現在では出版社との別注品や大手百貨店での
オーダーイベントなども展開しております。
突然引き合いが増えたため、事業拡大の移転・人材確保に手が回らず、
ここまでほとんどの業務を私とアルバイト1名でこなしてまいりましたが、
2016年1月に千駄木に店舗兼事務所を出店するため、
一緒にブランドづくりをしてくれる方とじっくりと事業を広げていきたいと思っています。


<ブランド設立の経緯と目指す姿勢>
ひいらぎのお念珠は、私の個人的な経験・ニーズから生まれた商品です。

個人のオーダージュエリーのデザインをしていた時期、
リカットの名人のところで知ったのが、お念珠(一定以上の品質のもの)と
宝石の石は国内の同じ工場で研磨されるということ。
確かに宝飾の卸問屋には宝石の横に念珠も置いてありましたが、
そこに並ぶ商品の酷いことといったらそれは無残でした。

「宝石と同じ工場で研磨」というフレーズだけがなんとなく頭に残りつつ、
また別の時に業者さんと念珠の話になった時、目ぼしいものがないとこぼしていたら
「じゃあ、つくればいいじゃない?」と言われたことから
「ひいらぎのお念珠」がスタートしました。
(最初からすんなり仕様が決まるわけではなく、世界中の結び目や糸組みを調べ、
それを職人さんに試してもらうということの繰り返しで、半年かかってようやく
最終の仕様にたどり着きました。)

今では念珠だけでなく、少しずつ広がりを見せてきています。
秋には活版印刷を使用した朱印帖や、山梨の和紙ブランドSIWAさんとのコラボで
作った耐久性に優れた軽い朱印帖袋なども発売しております。

工芸技術や職人さんと部材を作るときもあれば、
レーザー・3Dプリンターや最先端の転写技術などを用いて
新商品の開発をすることもあります。
未知の手法だから、経験がないからと及び腰になるのではなく、
本当に世の中に求められるものを生み出していくブランドであろうと思っています。


【募集要項】
開始時期:2016年1月中旬〜
勤務時間:9:30−17:30(火木土、水金土など週3〜)
     *店舗営業時間は火〜土の10:00−17:00
勤務地:千駄木駅徒歩1分

業務内容
・千駄木店舗の運営
・季節のディスプレイ提案や新商品提案
・都内百貨店でのイベント
・その他運営に関わる色々

必須
・ひいらぎのテイストが好き
・ある程度の器用さと丁寧さ
・軽くword・Excelが使える
・web関連の業務に苦手意識がない

歓迎
・手を動かすのが好き
・上質な和のものが好き
・アパレルブランドや百貨店での販売接客経験
・将来ブランドや事業を立ち上げたい
・Illustratorが使える(mac環境)
・wordpressが使える
・土(稀に日)入れる方は週一でも可


興味のある方はinfo@hiiragi-tokyo.com 市原までご連絡ください。
詳しい条件等のご案内いたします。