1. HOME
  2. よみもの
  3. ブレス結び目の戻し方

ブレス結び目の戻し方

おまもりブレスの結び目が出てきた、というご相談をたまにいただきます。

ひいらぎでは、ブレスの結び目を”仏師の木珠”の中にしまってお仕立てしております。仏師の木珠の穴は、他の石や木珠よりも穴径をほんの少し大きめにしておりまして、結び目が留まりやすいようになっていますが、着脱時ゴムを伸ばすとずれて出てしまうこともあります。普段アクセサリーを作らない方にとっては引っ張っていいのか、どのくらい引っ張ればいいのか、さじ加減がわからないものです。


目立たぬようにと結び目の端を短くカットしますと、結び目から解けてしまうので、今日は出てしまった結び目を木珠へ戻すコツをお伝えします。

<出てしまった結び目の戻し方>

(画像1)結び目が出てしまっている状態。ゴムの黄色の着色は木珠の色を吸っているため。
(画像2)木珠を右手で固定し、結び目の出ている方と逆の木珠のゴムの根元をつまんでゆっくり引っ張る。※コブが大きく入りにくい場合、少し力を入れてぐっぐっと引っ張ってみてください。
(画像3)戻ったら、ゴムが見えている部分を均一にならすように珠を一周分繰る。
(画像4)完成!


多少強めに引っ張っていただいてもぷつりと切れることのない、強度の高いゴムを使用しておりますので、木珠に押し込んでみてください。どうしても怖くて触りたくない、という場合はひいらぎまでお持ち下さい。

(ここで使用しているブレスはサファイア×アメシスト×鉄刀木です)

関連記事