お念珠とは

japamarler

念珠(数珠)*は、古代インドのバラモン教で用いられた
「ジャパ・マーラー」(=祈りの言葉を口にする・花輪)という意味の
道具が起源と言われています。

wmap

ジャパマーラーは
西へ伝わり
イスラム教のミスバハ
キリスト教のロザリオ
東へ伝わり
仏教の数珠
になったと言われています。
bui
念珠には大きく分けて片手(略式)念珠と本式念珠とがあります。

片手念珠は、仏教の宗派・用途問わず使える略式の数珠です。
石や木、木の実などでできた珠と、主に絹糸で作られる房から成り、
珠は主珠・母珠・天(2つある小さな珠)とボサという螺旋状の珠が
あるのが基本的な片手念珠の形状です。
特にボサは仏様を指すといわれ、菩薩からボサと呼ばれます。

信心深い方は、各宗派に合わせた本式と呼ばれるものを持ちますが、
それでもお葬式の際などには片手念珠をお持ちになる方がほとんどです。
というのも、自分の宗派と先方の宗派があわない場合、
先方を慮(おもんぱか)るのが日本的な配慮とされてきたので、
宗派の関係ない片手を持ちます。
fusas
房にも色々な種類があり、各宗派毎の本式においては
使われる房は決められておりますが、
略式念珠では扱いやすさや耐久性の理由からか
縒り房や梵天(主に男性)が使われます。

撚り房と切り房は一見同じように見えますが、
撚り房は絹糸を撚って作られるため
糸の端が切りっぱなしにならないタイプのもので、
切り房は切りっぱなしタイプのものです。
切り房、菊房、紐房などは主に本式の念珠で使われます。
人が念珠を手に入れるタイミングはあまり多くなく、
お嫁入りの際にご両親からもらう(譲り受ける)か、
突然葬儀にいかなくてはならなくなり慌てて買う
という方が大半を占めるのが現状です。
最近では中国産などの非常に安価なものもありますが、
手のかかった商品と安価な商品の製造内容は
全く違うといってもいいくらい行程が異なります。
(石の研磨、房の作り方、念珠の糸組みに関してはこちらでご覧ください)


ひいらぎでは
宗派問わず気軽にお使いいただける片手念珠のお取り扱いをいたします。**
京都の老舗や熟練職人の技術と、
若い感性でデザインされた房や色合わせ。

部材は全て国内で精錬・製造されたものにこだわり
国内でしか出来ないことを追求した商品です。
房の繊細な作りや珠(たま)の美しさ、
今までにない珠と石の色合わせの新鮮さを
楽しんでいただければと思います。

*数珠と念珠の違いはありませんが、「念珠」という表現は祈りの意味がより強い表現になります。
**一般的に片手念珠は宗派を問わないとされますが、地方や宗派によってルールが異なる場合もございます。仏事利用の際はご親族やお寺の方にご相談ください。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

【店舗のお知らせ】イベントなどで臨時休業をいただくことがあります。
ツイッターか、お問い合わせでご確認ください。

  • 2017/08/26 儀式のための念珠 ” つながりの念珠 ” を発売いたしました。
  • 2017/08/03 8/23−25は展示会のため千駄木店はお休みさせていただきます。
  • 2017/07/26 7/26−8/8「ひいらぎのお念珠 夏のオーダー会@東京&京都」
          於:中川政七商店 詳しくはこちら

お念珠とは

japamarler



念珠(数珠)*は、古代インドのバラモン教で用いられた
「ジャパ・マーラー」(=祈りの言葉を口にする・花輪)という意味の
道具が起源と言われています。



ジャパマーラーは
西へ伝わり
イスラム教のミスバハ
キリスト教のロザリオ
東へ伝わり
仏教の数珠
になったと言われています。

念珠には大きく分けて片手(略式)念珠と本式念珠とがあります。

片手念珠は、仏教の宗派・用途問わず使える略式の数珠です。
石や木、木の実などでできた珠と、主に絹糸で作られる房から成り、
珠は主珠・母珠・天(2つある小さな珠)とボサという螺旋状の珠が
あるのが基本的な片手念珠の形状です。
特にボサは仏様を指すといわれ、菩薩からボサと呼ばれます。

信心深い方は、各宗派に合わせた本式と呼ばれるものを持ちますが、
それでもお葬式の際などには片手念珠をお持ちになる方がほとんどです。
というのも、自分の宗派と先方の宗派があわない場合、
先方を慮(おもんぱか)るのが日本的な配慮とされてきたので、
宗派の関係ない片手を持ちます。

房にも色々な種類があり、各宗派毎の本式においては
使われる房は決められておりますが、
略式念珠では扱いやすさや耐久性の理由からか
縒り房や梵天(主に男性)が使われます。

撚り房と切り房は一見同じように見えますが、
撚り房は絹糸を撚って作られるため
糸の端が切りっぱなしにならないタイプのもので、
切り房は切りっぱなしタイプのものです。
切り房、菊房、紐房などは主に本式の念珠で使われます。
人が念珠を手に入れるタイミングはあまり多くなく、
お嫁入りの際にご両親からもらう(譲り受ける)か、
突然葬儀にいかなくてはならなくなり慌てて買う
という方が大半を占めるのが現状です。
最近では中国産などの非常に安価なものもありますが、
手のかかった商品と安価な商品の製造内容は
全く違うといってもいいくらい行程が異なります。
(石の研磨、房の作り方、念珠の糸組みに関してはこちらでご覧ください)


ひいらぎでは
宗派問わず気軽にお使いいただける片手念珠のお取り扱いをいたします。**
京都の老舗や熟練職人の技術と、
若い感性でデザインされた房や色合わせ。

部材は全て国内で精錬・製造されたものにこだわり
国内でしか出来ないことを追求した商品です。
房の繊細な作りや珠(たま)の美しさ、
今までにない珠と石の色合わせの新鮮さを
楽しんでいただければと思います。

*数珠と念珠の違いはありませんが、「念珠」という表現は祈りの意味がより強い表現になります。
**一般的に片手念珠は宗派を問わないとされますが、地方や宗派によってルールが異なる場合もございます。仏事利用の際はご親族やお寺の方にご相談ください。