1. HOME
  2. 念珠入れつきふくさ

念珠入れつきふくさ

お気持ちもお念珠もひとところに。

どんな場面でもお気持ちをスマートに出せる金封ふくさ。
片面はお香典など金封入れ、もう片面はポケットになっています。ポケットには哀しみの席では念珠入れ、慶事の際は香袋を忍ばせ、ほんのり金封に香りを移して。ひいらぎのふくさは、「ソフトふくさ」といい固すぎず柔らかすぎない張り感の生地です。使い終わったあとは柔らかく二つに畳み、スーツのポケットに入れられます。(しっかり折ってしまうと折り目が残りやすくなるのでご留意ください)

西陣織は、飛鳥時代から続く京都西陣の工芸で、「たてにしき(経錦)」という目の詰まった織り方で織られます。洗うことはできませんが、目が詰まっているため汚れが滲み込みにくく、長く丈夫にお使いいただくことができます。かつては呉服の帯などでお持ちになる方が多かった強く美しい生地です。

定番の3色は全て無地に近い柄もので、縦糸と横糸に同じ色の糸をかけ、ほんの少しだけ青錦糸や赤錦糸という光る糸を入れて織り込んだ、西陣織の中でも少し珍しく少し貴重な生地です。角度によって柄が浮かび上がりますが遠目に見るとほぼ無地というところが、ふくさの生地としては非常に適しています。男女兼用、いずれの色も慶弔両用いただけます。

*本店では西陣織の裏地を表地に使った粋な別注品のご用意もございます。(数点ずつの限定品ですので売り切れの場合はご容赦ください)

商品名
念珠入れつきふくさ
カラー
白・紫・グレー
サイズ
商品本体12×21㎝ 、桐箱15×23.7×3㎝
洗濯
不可(ドライクリーニングも不可)
オンラインストア