ひいらぎの
お念珠

念珠(数珠)は人生の
大切な場面に寄り添う道具だから、
ひとつひとつの素材が
丁寧に仕立てられたものを
厳選して作りたい。
そんな想いからひいらぎのお念珠は
生まれました。

ひいらぎのお念珠は、宗派を問わず使える
片手念珠と呼ばれる一重の念珠です。
一見斬新に見える配色もありますが
全て正式な仏事に使えるよう
考えてお作りしております。

*地方や宗派によってルールが
異なる場合もございます。
気になる方はご親族や
お寺の方にご相談ください。

ひいらぎの
ものづくり

同じように見えて
違う理由があります

房に使う糸は、厳選された絹を国内で精錬し、経尺(へいじゃく)、撚りかけ、玉付けの行程を経て組上げに至ります。さらにお念珠用の糸は専用の撚り機にかけられます。最後の糸の撚り作業の微妙な加減は、仕上がりを左右する非常に重要な行程です。

珠は、ブレスレット等に使われる通常の珠よりも大きめの穴を開け、穴の内部の研磨を何度も繰り返し、仕上げに穴口の面を取ります。細かい部分ですが、この工程を経ることで糸切れを起こしにくいしっかりとしたお念珠が仕立てられるのです。

念珠の組みは、簡略化されたものや素人の方でもできるものもありますが、糸の納めが熟練の職人の仕事とは異なります。大きく異なる部分は、珠と房を繋ぐ「アミ」部分の四ツ組み。ここが緩まないようしっかり編み込まれていると安心、という場所です。

義務の道具から
愛着を持って慈しむおまもりへ

天面の柄は、お釈迦様が悟りを開いたときに居たといわれるインドボダイジュをモチーフにしております。桐箱は調湿・防虫効果のあるとても優秀な保管箱です。桐箱お取り扱いの際には直射日光や乾燥を避け、冷暗所で保管するようにしてください。

お念珠は祈りと人、人と人とをつなぐ大切な道具です。
ひいらぎでは大人用の念珠だけでなく、こどねん(子ども用)・つながりの念珠(火葬用念珠)など様々な場面に適した念珠のご用意があります。ご家族の想いを託して揃えましょう。

お好きな珠に房を合わせてオリジナルの念珠をお仕立てするオーダー。
各地のイベントでは決まった時期に、谷中店では常時ご注文いただけます。珠と房の解説を記したオーダーカードを桐箱に納めてお渡しいたします。(お渡しまで約1−2ヶ月)

基本の10種

紅梅(鉄刀木×桜鼠)
初期からの一番人気種。鉄刀木(たがやさん)はくっきりとした縞目が美しいグレイッシュな木珠。木珠は男性的な印象もありますが、優しい桜色が女性らしさを引き出し、バランスの良い配色です。

購入する

若菜(星月菩提樹×青磁)
非常に古くから数珠の珠として重用される星月菩提樹。ポイントに藤雲石をあしらっているため房は同系色を合わせるのが定石ですが、ひいらぎでは青磁というミントグリーンの房を合わせました。

購入する

夕月夜(ローズクォーツ×洒落柿)
オーダーで人気のローズクォーツに柔らかなオレンジが美しい洒落柿の房を合わせました。ピンクとオレンジの淡い掛け合わせは誰にでも好印象を持っていただける配色。

購入する

衣笠(サーペンティン×菫)
薄いミントグリーンの珠に菫色の房を合わせた、少し変わった配色の一品。蓮の花と葉を思わせる配色は、仏事にもぴったりです。

購入する

曙(レッドアベンチュリン×縹)
初期の定番から人気の曙。縹(はなだ)は平安期、儚さの代名詞として人気を博しました。一見派手に見えますが、手に持ってみると意外にも肌馴染みのよい配色です。

購入する

白妙(ブルーレースアゲート×象牙)
ほんのり縞目のかかった水色の珠にオフホワイトの房を合わせた爽やかな配色。多種を含むアゲートの中でも水色に縞の入ったものを瑪瑙といい、近年産出量の減り始めている石種です。

購入する

垂水(水晶×灰青)
水晶と糸色双方の美しさを楽しむことができる種。水晶は天然で透明度の高いものを、中糸には房と全く同色の正絹(しょうけん)糸を使っています。灰青の房は2019年からの新色。

購入する

雁音(鉄刀木×鉄紺)
木の縞目と引き締まった鉄紺が硬派な配色。ひいらぎの鉄刀木(たがやさん)は素挽きでお出ししているため、使い込むほどにツヤと丈夫さが増し、愛着もひとしおです。

購入する

蓬(星月菩提樹×青朽葉)
お釈迦様が悟りを開いた際、菩提樹の木の元にいたと伝えられることから、お念珠の珠としても所縁の深い種として古くから人気のある定番です。暗く重くなりがちな男性の小物ですが、珠色が手元に明るさを添えます。

購入する

望月(青虎目石×黄白)
深い藍色にシラーが効いた青虎目石(ブルータイガーアイ)に、男性の房色としては珍しい黄白(おうびゃく)の房。いずれも男性の運気を上げるいわれのある、護符的な一本です。

購入する

白房二輪念珠

富山や愛知など一部の地方を中心に、 片手念珠と同じように宗派を問わずお使いいただける念珠です。 本式念珠と片手念珠の間にある存在と いってもいいかもしれません。 透明な水晶に真っ白な白い房を合わせたこの形が 正式な二輪念珠、少し格の高い雰囲気です。

購入する

様々な場面の
ための念珠

ひいらぎでは、大人用の念珠だけでなく、子ども用のお念珠(こどねん)や最期のお別れの念珠(つながりの念珠)など、場面に沿ったお念珠もご用意しております。
その場限りの気持ちだけでなく、未来に込める想いや祈りを伝えるためのご提案です。

様々な念珠一覧